About

 はじめまして。
「いろりデザイン室」です。

「いろりデザイン室」が立ち上がるまで、そしてこれからについて

私の現在

武田恵以子(たけだえいこ)

1981年生まれ。大阪府出身。京都市在住。
京都工芸繊維大学大学院建築コース修了
官公庁、建築設計事務所勤務を経て、
2019年より、いろりデザイン室主宰
一級建築士/建築カラープランナー®️

私は現在、カフェ・小規模保育園・サロン・宿泊施設など、「人と人を繋ぐ場所」の企画・空間デザインをしています。

また、「我が家を世界一くつろげる場所にしよう」をテーマに、セミナーを開催。住宅インテリアデザイン、リノベーションデザインのオンラインコンサルをしています。
 
ここでわたしがこれまでを振り返り、今どんな思いでデザインをしているのか、何を伝えたいのか、書かせていただきたいと思います。

発想を変えるのがリノベーション

大学時代より建築、デザインを学び、官公庁、建築設計事務所にて、個人住宅から大規模施設までの建築設計に携わってきました。
 
その中でも、京都市内の中古ビルや町家のリノベーション案件を多く手がけました。
 
デザインした物件の工事が終わり、足場が外れ、養生シートを外した瞬間、使われなくなったゴミのようだった建物の、見える景色がガラリと変わりました。
使われ方使う人を変えることにより、新しい命を吹き込まれたのを体感した時に、これだ!わたしはこれを仕事にする!と心が動いたのです。

リノベーションとは、建物の見た目を変えるだけではありません。
発想を変えて、新たな価値を生み出す、それがリノベーションなのです。

病に倒れて感じた、心地よい暮らしとは?

2014年長女が生まれたのをきっかけに、中古マンションを購入し、リノベーションしました。
そのころの私は仕事、育児、家事にただただ追われる毎日。
仕事も育児も心から楽しめない、私は一体何のために働いてるんだろう?モヤモヤした日々を過ごしてました。

実はこの28歳から38歳までの10年間、2年に1度のペースで、急に病気でぶっ倒れて入院、時には手術、という事件に見舞われるのです。その度に、自分はこのままでいいんだろうか、自分の働き方、生き方を見直すことになります。

そしてなによりも、病院から家に帰ってくる度に思うこと。
自分の家がなんて素晴らしい場所だったんだ、家族の寝顔を見られるだけでなんて幸せだったんだろう、と。
時間に追われてばかりで、寝るだけだった自分の家。それはただの箱でした。
建築士として、ただきれいな箱を作るだけでは何の意味もない。
「一人ひとりにとって、本当に心地の良い暮らしを作るお手伝いがしたい。」

人生が大きく展開し始める

そこで始めたのが、「あなたの暮らしを改革する手帳講座」です。
2017年より始めた講座は、2年間で200名が受講、毎回満席となる人気講座となりました。

また同時に、病気になることで気づいたことがありました。
これまでどこかで、自分一人で頑張ればいいと思っていたのです。
育児もできない、仕事もできない状態になって、絶望と不安の真っ只中にいた私に大切な友人が一言メッセージをくれました。
「たよれーーーー」と。
小さな頃から人の輪に入ること、組織にいることが苦手だった私は、その一言は雷に打たれたようでした。

会社員からフリーランスになった今、一人ではなく、仲間と一緒にいることで人生が大きく展開し始めることを毎日実感しています。
私が空間デザインをする上でのミッションは、「人と人とのご縁を繋ぐ場所」を作ること。決して箱を作ることに留まらず、そこから新しい発想や文化が生まれるような場作りを目指しています。

色との出会い

実は建築系の大学に入った頃から、周りの誰もがアーティストに見えて、絵ひとつ描けないわたしは、コンプレックスの塊でした。わたしにデザインは向いていないんじゃないか、何度もそう思い悩みました。
そんな私が、2018年に出会ったのが「色彩学の世界」
師匠に「デザインは理論7割、感覚3割」ということを教えてもらいます。
日本の住宅デザインは、白いクロスが当たり前でとても画一的、設計者が無難でベーシックなものを選んでるのが現状です。かつての私もそうでした。
しかし、ベーシックな色ひとつとっても、青みの白、黄みの白と様々。この微妙な色を見極め、無数にある建材の中から「色の道」を作り上げていくことで、無意識レベルで心地の良い空間を作ることができます。
これまで経験と勘だけで作り上げていた空間に、色の理論が組み合わさることで、私ができるご提案の幅がグンと広がりました。
空間を作る上で、コンセプトの段階から色彩計画を盛り込んでご提案をさせていただいてます。その空間の魅力を引き出す「色の道」を作ってできた場所は「なんだかすごくホッとする。こことても落ち着くんです」というお声をいただくようになりました。
今では建築デザインの他に、グラフィックデザインやプレゼン資料作りのお手伝い、商品のカラー選定など、コンテンツは多岐に渡りますが、全て色を軸にストーリーを作っています。

1対1ビジネスから世界中へ

これまで、お客様と1対1で顔を合わせて何度も練り直しひとつの物を作り上げるということを大切にしてきました。それは私の好きなスタイルであり、かけがえのない時間です。

ただ一方で、ステイホームを余儀なくされる今、「自分の家をもっと居心地の良いものにしたい」そう思われる方からのご相談を毎日のようにいただくようになりました。
これまでワーカホリックで家にいる時間が少なかった日本社会において、みんながやっと自分の家に興味を持ち始めた。それは病に倒れる前の私を見ているようです。

オンラインで世界中とつながれる今、日本の家をもっと面白くしたい、もっと家時間を楽しんでもらいたい、そんな思いでオンラインライブ配信やセミナー、コンサルティングを行っていくことにしました。

「我が家を世界一くつろげる場所にしよう」をテーマに、住まいを変えれば人生が変わる、見える景色を変えていこう、そんな一歩となることを願っています。

これまでの出会いを通じて

「自分はこんな風に過ごすのが好きなんだって気づきました」
「小さな行動をすることで毎日が楽しくなりました」
そんな嬉しい声をいただきます。

私が伝えたいことは、ちょっとアイデアをプラスし、発想を変えるだけで、日常に彩りが生まれるということ。
人とのつながりを感じながらあたたかく囲む場所を作る、そんな意味を込めて屋号を「いろりデザイン室」と名付けました。

そこに来たら、見える景色が変わって、ふわっと心が軽くなる、そんな場をこれからも作っていきたいと思います。

今後もご縁を大切に、関わった人が皆幸せになるように、精一杯がんばっていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

2020年9月

いろりを囲むようにあたたかく